ウィッグの毛がチリチリになってしまうピーリング(縮れ)の予防方法

ウィッグの毛がチリチリになってしまうピーリング(縮れ)の予防方法

 

人工毛のウィッグでも高品質のウィッグが増えてきて、まるで自分の髪と見分けがつかないようなウィッグも少なくありません。けれども、やはり人工毛は人毛とは性質が違うため、使い始めは本物そっくりでも、使い続けていくうちに不自然な髪の状態になってしまうのは避けられないのです。

 

ウィッグを使い続けるうちに、毛先がチリチリに縮れてきたという経験がある方も多いでしょう。人工毛の性質により、毛先がチリチリになるような不自然な髪の状態になることは、「ピーリング」と呼ばれています。なぜこのような現象が起こるのか、そして、どのように対処していけばいいのかを説明していきましょう。

 

ウィッグの毛先がチリチリに縮れてしまう「ピーリング」が起こる原因は?

 

人工毛のウィッグは、化学繊維でできているため、人毛とは異なった性質を持ちます。人工毛のウィッグの優れた点として、形状記憶という性質があり、人毛ウィッグよりもうねりやハネが出にくく、スタイリングがしやすいという特徴があります。

 

しかし、このような元の形状に戻ろうとする力により、ウィッグの毛先がチリチリになる「ピーリング」が起こってしまうのです。人毛の場合は、髪を引っ張られるとある程度したら切れてしまいますが、人工毛の場合はそれに反発して少し毛が伸びます。

 

そして、伸びた毛を元に戻そうとするために縮んでしまい、繰り返すうちに毛先が変形したり、チリチリになってしまうのです。ピーリングは、摩擦によって発生する静電気やブラッシングによって毛が引っ張られることなどが原因で起こります。

 

毛先がチリチリになってたらヘアアイロン、ウィッグ店のメンテナンスで対処

 

毛先がチリチリになるピーリング現象を直すには、耐熱ウィッグの場合はヘアアイロンで伸ばす方法があります。耐熱性でも高温で溶けてしまわないように、まずは低温から始めていき、様子を見ながらヘアアイロンを当てていきましょう。

 

非耐熱性のウィッグや、ヘアアイロンでもチリチリが直らない場合は、縮れた部分を上手にカットしても良いでしょう。ただ、あまりに範囲が広がってしまった場合は難しいので、その場合は買い替えとなってしまいます。

 

また、アフターフォローのしっかりしたウィッグ店では、メンテナンスで直してくれる場合もあります。ウィッグを長く使い続けることを考えるなら、定期的にメンテナンスのできる信頼のおける店で購入したいですね。

 

人工毛のウィッグのチリチリをなるべく起こさないようにするためには

 

人工毛にとって、ある程度チリチリになるのは仕方ないこととは言えますが、普段のお手入れで抑えることは可能です。ピーリングは摩擦や静電気、ブラッシングなどが原因で起こるため、普段のお手入れを丁寧に行うことでウィッグの長持ちにも繋がります。

 

静電気を防止するブラシやスプレーなどを用い、ブラッシングする時には優しく丁寧に行います。髪を少しずつ束に分け、毛先からブラッシングしていきましょう。また、絡まった毛は放置せず、少しずつほぐしていき、ブラッシングの時に無理な力を加えないことが大切です。

 

ウィッグ専用のオイルスプレーなどを使うと、湿度が保たれて髪を保護してくれます。シャンプーする時も、髪を引っ張ったり、ゴシゴシと強い摩擦で洗わないように気をつけましょう。お気に入りのウィッグをできるだけ長持ちさせるためにも、人工毛の扱いには注意を払っていきたいですね。

自然なウィッグが買えるネットショップ


AquaDoll(アクアドール)


モデルの愛用者も多くて人気のウィッグ・エクステ専門ショップです。高品質でかわいい髪型のウィッグがたくさんありますよ。前髪ウィッグ、フルウィッグはショート、ミディアム、ロングと種類も豊富でカラーも黒髪やマロンなど選びやすいものが多いです。うれしいことに、フルウィッグはすべて送料無料で購入することができます。耐熱性のあるウィッグなのでヘアレンジも自在!


⇒アクアドール 公式サイトへ


MY WIG(マイウィッグ)


ウィッグ通販の総合専門店「MYWIG(マイウィッグ)」


ナチュラルさにこだわったメーカーファイバーを使っていて地毛と変わらないほどの品質です。また、フルウィッグのばれるポイント=つむじも自然だと評判のウィッグを多数販売しています。営業日8時までの注文は即日!当日配送なのもうれしいですね。


⇒MY WIG 公式サイトへ