ウィッグの抜け毛が起こる原因と対策

ウィッグの抜け毛が起こる原因と対策

 

ウィッグの悩み事の一つに、ウィッグの毛が抜けてしまうことが挙げられます。⇒ 薄毛、脱毛症、抜け毛対策にウィッグを使う場合はこちら

 

特に購入当時は抜け毛が多く、落ち着くまではブラッシングで抜け毛を落としてから使用するようにしたいところです。この抜け毛については、メーカーによっても差が出るので、口コミなどで情報収集してから購入すると予防策になるでしょう。

 

そして、ウィッグの抜け毛は、ウィッグの劣化によっても起こり、ウィッグの寿命を縮めてしまいます。今回はなぜウィッグの抜け毛が起こるのか、そしてウィッグの抜け毛対策について見ていきましょう。

 

ウィッグの抜け毛が起こる原因

 

 

初期のウィッグの抜け毛がいつまでたっても直らないことは安価なウィッグに多く、もともと材質や作り方が悪い可能性があります。ウィッグは毛が抜けてしまったらどうしようもないので、こうしたトラブルが起こらないためにも、口コミを確認したり、ある程度実績のあるメーカーやお店を選ぶことも大切です。

 

もともとの不良品以外で起こる抜け毛は、日々のお手入れを怠ったり、お手入れの仕方が間違っていることなどが原因で起こります。このような抜け毛は防ぎようがあるので、お手入れの仕方を見直して抜け毛対策をしていきましょう。

 

ウィッグの抜け毛を増やしてしまうブラッシングには細心の注意を

 

 

自分の髪の毛について考えてもらえると分かるかと思いますが、ブラッシングの時には毛が抜けてしまうものです。毛の流れに逆らったり、力を入れてブラッシングすると、さらに抜け毛が増えてしまいますよね。

 

ブラッシングする時には、毛の流れに沿って、少量ずつ毛先から優しくブラッシングしていきましょう。絡みをほぐす時にも抜け毛になりやすいので、オイルスプレーで櫛通りを良くしてから絡みをほぐすなど、丁寧に扱うことが大切です。

 

静電気対策でウィッグの抜け毛の予防に

 

静電気が起こりやすい人工毛のウィッグは、静電気対策をすることで抜け毛を防止していきましょう。静電気が発生すると、毛が絡みやすくなってしまい、抜け毛が起こりやすくなってしまいます。

 

静電気対策のされた櫛を使用したり、湿度を保つオイルスプレーなどを使用するといいですね。絡まったまま放置しておくと次にほぐす時に余計な力が加わってしまうので、毎日のブラッシングを怠らないことも抜け毛の予防となります。

 

つむじ部分からの抜け毛に注意

 

 

ウィッグが自然に見えるポイントとして、つむじの毛が自然に立ち上がっているかがポイントとなります。つむじを自然にするために、人工スキンを用い、そこから不規則に毛が立ちあがるような作りとなっているのです。

 

つむじの見た目は重要ですが、実はこのタイプのウィッグはつむじの辺りから抜け毛が発生しやすいという欠点があります。こういったタイプのウィッグを使用している場合は特に注意して、分け目から一気にブラッシングせず、毛先から丁寧に優しくブラッシングしていきましょう。

 

ワックス、スプレー使用時は丁寧にシャンプー

 

ウィッグをスタイリングする時に使うワックスやスプレーですが、あまり使いすぎるとウィッグの劣化を早めてしまうので気をつけておきたいところです。そして、ワックスやスプレーを使った後は丁寧にシャンプーし、成分をウィッグに残して抜け毛の原因とならないようにしておきましょう。

 

シャンプーをする時は、ゴシゴシ洗わずに優しく揉み洗いするようにします。シャンプーはウィッグを長持ちさせる上で大切ですが、あまり頻繁に行うと抜け毛を増やしてしまいます。

 

ウィッグの抜け毛は取り返しのつかないことになるので、優しく丁寧に扱ってウィッグを長持ちさせるように心がけていきたいですね。

自然なウィッグが買えるネットショップ


AquaDoll(アクアドール)


モデルの愛用者も多くて人気のウィッグ・エクステ専門ショップです。高品質でかわいい髪型のウィッグがたくさんありますよ。前髪ウィッグ、フルウィッグはショート、ミディアム、ロングと種類も豊富でカラーも黒髪やマロンなど選びやすいものが多いです。うれしいことに、フルウィッグはすべて送料無料で購入することができます。耐熱性のあるウィッグなのでヘアレンジも自在!


⇒アクアドール 公式サイトへ


MY WIG(マイウィッグ)


ウィッグ通販の総合専門店「MYWIG(マイウィッグ)」


ナチュラルさにこだわったメーカーファイバーを使っていて地毛と変わらないほどの品質です。また、フルウィッグのばれるポイント=つむじも自然だと評判のウィッグを多数販売しています。営業日8時までの注文は即日!当日配送なのもうれしいですね。


⇒MY WIG 公式サイトへ