ウィッグを被ると違和感がある、ちょっと変にみえる時の解消法

ウィッグを被ると違和感がある、ちょっと変にみえる時の解消法

違和感があるウィッグはどうすればいい?

 

ウィッグを被るとどうしても感じてしまう違和感、自分で鏡を見ていてなんだか変なイメージを感じるなら、他の人からどういう風に見えているのか気になってしまいますよね。

 

特に、地毛との境目の色の違いや艶感などの違和感が避けられない、前髪ウィッグやハーフウィッグなどの部分ウィッグは、ウィッグ選びや装着する時に注意が必要です。

 

フルウィッグも被り方によって浮いてしまったり、質感などによって不自然に見えてしまうこともあるので、気をつけたいところです。今回は部分ウィッグやフルウィッグを選ぶ際の注意点や、ウィッグを違和感を感じないように見せるポイントについて考えていきましょう。

 

地毛とのバランスを考えて色や材質を選ぶこと

 

ウィッグを選ぶ時、せっかくイメチェンできるからと言ってあまり明るすぎる色を選んでしまうと、地毛とのバランスが悪くて違和感が出ることがあります。

 

部分ウィッグを選ぶ時にはできるだけ暗めの色を選んだ方が自然に見えます。フルウィッグを選ぶ時も、自分の眉毛の色などとも合うように、あまり不自然な色は避けた方が良いでしょう。

 

また、ファイバーでできているウィッグは質感もテカテカしていることもあり、ウィッグとばれやすいので、マットな質感の物を選ぶようにしたいところです。もし、どうしても不自然なら、ベビーパウダーや制汗剤などでテカりを消すこともできるのでお試しください。

 

つむじの部分に違和感を感じないかがポイント

 

フルウィッグやつむじ部分のある部分ウィッグを選ぶ時には、つむじ部分を確認してから選ぶようにしましょう。人間のつむじは自然に立ち上がっていますが、ウィッグの場合は機械などで人工的に毛を植えこむため、不自然に毛が詰まっていることが多いものです。

 

つむじ部分を自然に見せるように手植えで不規則に毛を植え込んだウィッグ、つむじ部分に人工スキンを使って自然に見せるウィッグを選びましょう。

 

ただ、値段の安いウィッグを気軽に使いたい場合やそれでも不自然なつむじには、分け目をつけ直すことで自然に見せることも可能です。

 

部分ウィッグの違和感にはカチューシャがおすすめ

 

前髪ウィッグなどの部分ウィッグの境目の違和感は、なかなか解消できないものなので、あまり不自然に見える場合は、幅の広いカチューシャや大き目の飾りで違和感を解消しましょう。もともとカチューシャの付いた部分ウィッグもあり、簡単に装着できるため人気を集めています。

 

部分ウィッグを自然に見せるためには、ウィッグの部分が地毛の部分と混ざるように、前髪ウィッグであったら、サイドに流すようにすると自然に見えるでしょう。

 

また、前髪が重すぎて違和感がある場合には、前髪を軽くすくことで自然になりますが、自分ではさみを入れるのが心配な方は美容院や専門の店でお願いしてみてください。

 

これはフルウィッグにも言えることで、毛の量を減らしたり毛の流れをアレンジをすることで、違和感の解消に繋がります。

 

フルウィッグを装着する時にも自然に見せるように注意が必要

 

フルウィッグを装着する時に難しいのが、髪の毛のまとめ方です。ロングヘアの方などは特に髪の毛が上手くまとめられずに違和感が出てしまうことがあります。

 

髪をまとめる時にはぼこぼこしないように一か所にまとめず、ネットに平らにコンパクトに収まるようにまとめ方を工夫しましょう。専用ネットでは上手くいかない時は、水泳帽で代用するとやりやすいようです。

 

ウィッグの違和感を解消するため、ウィッグ選びに気をつけ、アレンジなど自分なりの工夫をしていきたいですね。

自然なウィッグが買えるネットショップ


AquaDoll(アクアドール)


モデルの愛用者も多くて人気のウィッグ・エクステ専門ショップです。高品質でかわいい髪型のウィッグがたくさんありますよ。前髪ウィッグ、フルウィッグはショート、ミディアム、ロングと種類も豊富でカラーも黒髪やマロンなど選びやすいものが多いです。うれしいことに、フルウィッグはすべて送料無料で購入することができます。耐熱性のあるウィッグなのでヘアレンジも自在!


⇒アクアドール 公式サイトへ


MY WIG(マイウィッグ)


ウィッグ通販の総合専門店「MYWIG(マイウィッグ)」


ナチュラルさにこだわったメーカーファイバーを使っていて地毛と変わらないほどの品質です。また、フルウィッグのばれるポイント=つむじも自然だと評判のウィッグを多数販売しています。営業日8時までの注文は即日!当日配送なのもうれしいですね。


⇒MY WIG 公式サイトへ