ウィッグの形が崩れない保存方法

ウィッグの形が崩れない保存方法

 

折角、お気に入りのウィッグを購入しても1回だけでぐじゃぐじゃになって次回使おうと出してみたら、毛のもつれ、抜けなどがあって使えない・・・となっては大変です。

 

ウィッグは保存の仕方でいつまでも気持ちよく長く使うことができます。保管場所は、風通しの良い湿気のないところで暗い場所が理想です。保管場所が悪いと劣化も早く進みます。

 

ウィッグスタンドを使って型崩れを防ぐ

 

ロングウィッグ

 

できれば専用のウィッグスタンドを用意することをおススメします。ウィッグ通販でも1,000円程度で売っているところが多いですからウィッグを注文するときに一緒に注文するといいですね。

 

フルウィッグだと購入時に一緒にセットになっているものもたくさんあります。毛の少ない部分ウィッグなら吊り下げるだけでもOKですが、ハーフウィッグくらいあれば型崩れが心配です。

 

ボブくらいの長さだったり、人工毛のウィッグだと変なクセがつきやすいため、やはりウィッグスタンドにかけておくのが最適の保存方法です。ウィッグスタンドの高さは通常30センチ程度しかありません。ウィッグを購入するときに1つはウィッグスタンドを一緒に買っておくとあとあと便利に使えますよ。

 

ロングウィッグの場合は、高さが間に合わないので、ネットからはみ出している部分を三つ編みにしてから、包むような感じで専用ネットの中に入れて保管します。ロングのウィッグは絡まりやすく、保存しているときに変なクセがつかないようにするのが大切です。

 

また、ウィッグをちょっと置くだけの場合でも、できればかけておくようにしてください。手入れ次第で、いつまでも良い状態で着用できます。

 

保存する前に汚れをしっかり落とすこと

 

シャンプー

 

特に春夏の暑い時期に使ってそのまま放置してしまうと、雑菌が繁殖してウィッグから異臭が!ということにもなりかねません。保存する前には汚れを落として、皮脂汚れが強いならシャンプーをしておきましょう。

 

⇒ ウィッグをシャンプーする方法と必要な理由

 

ウィッグは大切に扱いましょう

 

ウィッグを大事に扱うという話ですが、私の知人は、20歳ごろから髪の毛が薄くなり始めて悩み、あらゆる方法で改善を試みていました。育毛剤はもちろん、サプリメントを飲んだり、育毛サロンにも通いましたがほとんど効果がなくダメでした。

 

そして、私がつけていたウィッグを見て「ウィッグという手があったんだ!」と、さっそく通販で取寄せていました。近くにあるウィッグを販売しているお店は数が少なくて、この中から選ぶといっても・・・と悩むような感じ。通販だと髪型も色もたくさんあって好みのものがすぐに見つけられます。

 

似合う髪型ができてうれしくて彼女がとっても幸せいっぱいで輝いていたのがいまだに目に焼き付いています。その彼女のウィッグの保存の仕方は、まるで宝物のように丁寧に扱っています。大事にしているせいかまったく傷んでこないのが不思議なほどです。最近は安価なウィッグも多くありますが大事に使ってあげましょう。

自然なウィッグが買えるネットショップ

AquaDoll(アクアドール)

モデルの愛用者も多くて人気のウィッグ・エクステ専門ショップです。高品質でかわいい髪型のウィッグがたくさんありますよ。前髪ウィッグ、フルウィッグはショート、ミディアム、ロングと種類も豊富でカラーも黒髪やマロンなど選びやすいものが多いです。うれしいことに、フルウィッグはすべて送料無料で購入することができます。耐熱性のあるウィッグなのでヘアレンジも自在!

⇒アクアドール 公式サイトへ

プリシラ

パリコレにも使用されるほどの高品質ウィッグを提供しているプリシラ。人工毛のウィッグはすべて国内メーカーファイバーを使っていて地毛と変わらないほどの品質です。また、フルウィッグのばれるポイント=つむじも自然だと評判のウィッグを多数販売しています。営業日17時までの注文は即日!当日配送なのもうれしいですね。

⇒プリシラ 公式サイトへ