ウィッグはアジャスターで頭の大きさに合わせてサイズ調整できます

ウィッグはアジャスターで頭の大きさに合わせてサイズ調整できます

 

ウィッグを購入する時に、「アジャスター付き」という説明が気になったことはないでしょうか?アジャスターとは、ウィッグのサイズを調節するもので、何段階かに分けて幅広い頭の大きさに対応できるようになっています。

 

最近ではネットなどでも気軽にウィッグを購入できるようになり、フリーサイズや大まかなサイズでアジャスターで調節するウィッグが主流となっています。今回はこのアジャスターの使い方や、気をつけなければならないポイントなどをご紹介していきたいと思います。

 

フックタイプとベルトタイプ。ウィッグのアジャスターの使い方は?

 

ウィッグのアジャスターには大きく分けて2種類あり、それぞれ簡単に使用することができます。2種類ともウィッグの内側、後頭部の辺りにアジャスターが付いていて、サイズを調節することが可能です。

 

まず、フックタイプの使い方は、フックの差し込む位置を変えることでサイズを変えることができます。フックを内側に差し込めばサイズが小さくなり、外側に差し込めば大きくなります。ベルトタイプは、洋服などで使用されるようなベルトと同じように使いましょう。紐を引っ張って、サイズを変更することができます。

 

どちらのタイプを使うにしても、自分に合ったサイズでウィッグを装着できるように、何度かかぶり直して調節することが大切です。また、アジャスターを調節しても安定しない時には、ピンなどで固定するようにしましょう。

 

アジャスターで調節する時の注意点

 

アジャスターを使う時のポイントは、ウィッグを締め付け過ぎたり、ぶかぶかにしないようにすることです。締め付け過ぎると、刺激によって頭痛などを引き起こしてしまいます。

 

また、長時間締め付けることによって頭皮に負担がかかり、頭皮の環境の悪化にも繋がります。締め付けによる負担が大きい場合は、アジャスターを外すことも考慮に入れておきましょう。

 

ただ、ウィッグがぶかぶかしてしまうと、ずれたり、不自然に見えてしまうことが心配ですよね。アジャスターを何度か使用していくうちに、ジャストサイズに調節できるように試行錯誤してみましょう。

 

ウィッグがずれそうだからと言って、あまりきつく締めると、アジャスターで締め付ける頭の下の方の襟足部分だけがぎゅっと締め付けられてしまうこともあります。そうなると、その分ウィッグが上にずり上がってしまって不自然になるので、気をつけたいですね。

 

まず自分に合ったサイズを選ぶことが重要

 

ウィッグのアジャスターは便利なもので、簡単にサイズを調節することができます。けれども、アジャスターがあるからとウィッグのサイズを適当に選んでしまうと、頭のサイズにウィッグが合わずに不自然に見えてしまったり、頭痛になってしまうかもしれません。

 

アジャスターは、襟足部分で調節するため、アジャスターで調節しても頭の上の方は余ってしまったり、と頭全体を全てカバーできるとは言い切れません。

 

そのため、自然にフィットするウィッグを選ぶためには、アジャスターが付いていればどんなサイズでもいいというわけではなく、自分の頭の大きさに合ったサイズを確認し、選ぶことが大切なのです。

 

手軽にウィッグが手に入り、調節も可能なウィッグですが、ウィッグ選びはできるだけ慎重に行っていきたいですね。

自然なウィッグが買えるネットショップ

AquaDoll(アクアドール)

モデルの愛用者も多くて人気のウィッグ・エクステ専門ショップです。高品質でかわいい髪型のウィッグがたくさんありますよ。前髪ウィッグ、フルウィッグはショート、ミディアム、ロングと種類も豊富でカラーも黒髪やマロンなど選びやすいものが多いです。うれしいことに、フルウィッグはすべて送料無料で購入することができます。耐熱性のあるウィッグなのでヘアレンジも自在!

⇒アクアドール 公式サイトへ

プリシラ

パリコレにも使用されるほどの高品質ウィッグを提供しているプリシラ。人工毛のウィッグはすべて国内メーカーファイバーを使っていて地毛と変わらないほどの品質です。また、フルウィッグのばれるポイント=つむじも自然だと評判のウィッグを多数販売しています。営業日17時までの注文は即日!当日配送なのもうれしいですね。

⇒プリシラ 公式サイトへ