医療用ウィッグの相場、医療費控除、通販購入について

医療用ウィッグの相場、医療費控除、通販購入について

医療用ウィッグ

 

手軽にヘアスタイルを変えることがが出来るウィッグはおしゃれな女性には特に欠かせない便利アイテムです。そんなウィッグにも医療用というものが存在します。

 

医療用のウィッグを購入する理由は、病気であったり、事故、けがなどで薄毛、脱毛してしまった場合以外にも、医療用のウィッグはウィッグとバレにくい自然な毛質、ヘアスタイルであることが多いからです。

 

医療用ウィッグってどのへんが医療用なの?

 

一般的にオシャレを目的とするのはファッションウィッグ、火傷や病気、治療の副作用などの脱毛時に着用するのが医療用ウィッグです。

 

呼び名に違いはあるものの、ファッション目的で医療用を使ったり、治療中にファッションウィッグを使ってはいけないという訳ではありません。

 

医療用などと呼ばれると、購入するのに処方箋や診断書が必要なのかと思われがちですが、医療用ウィッグを買うのにはどちらも必要ありません。では、どの辺が普通のウィッグと違う「医療用」なのでしょうか。

 

本来は毛髪が失われてしまうと、精神的なダメージが大きいのはもちろんですが、髪というクッションが無くなる事で、頭皮にも大きな負担を掛けてしまいます。

 

一般には医療用ウィッグは、そんな頭皮へ余分な刺激を与えないよう、肌に優しい素材で通気性を良くし、人毛を手植えして自然な見た目に仕上げたウィッグです。

 

一部の医療用ウィッグは、制作の人件費を抑えて販売価格を安くするために総手植えでなくマシンメイドのこともあります。

 

医療用ウィッグにも金額の幅があるのはなぜ?

 

同じように医療用となっていても、金額は10,000円〜800,000円と大きく違いがあります。既製品なら比較的安価で、セミオーダー、フルオーダーとなると額面も大きくなっていくのは当然ですが、既製品どうしやセミオーダーどうしでも金額に幅があるのって不思議ですよね。この差は一体何なのでしょうか。

 

実は医療用ウィッグにはJIS規格が存在します。直接肌に触れるベースやネット、キャップなどに使用されている素材の安全性や肌刺激などをチェックし、基準をクリアするとJIS認定が受けられます。

 

激安がウリの医療用ウィッグではJIS認定を受けていない、名前だけのものが存在するので要注意です。とはいっても、1〜3万円程度の安い医療用ウィッグでも日本製であれば安全性には注意して作られています。

 

販売ページにも詳しく説明がありますから、購入したいウィッグが見つかったなら、詳細をよく読んで確認してから買うようにしましょう。

 

⇒ 医療ウィッグの特集ページ(ウィッグ専門 PRISILA公式サイト)

 

医療用ウィッグなら医療費控除が受けられる?

 

病気や怪我の検査、治療など、医療費が嵩むと高額医療費制度で支払額の一部が返還されます。医療用ウィッグも医療用と名がついているくらいだから、高額医療費の対象になっているのでしょうか。

 

後から還付されるなら、少しくらい奮発してイイモノを購入しておこうかと考えるところですが、結論から言ってしまうと、結果はあまり期待しないほうがいいでしょう。

 

抗がん剤を使用中で、医師からウィッグ着用の必要があると証明するものを添付すれば、医療費控除の対象となる「こともある」だけで、必ずしも控除が認められるというものではありません。

 

精神的な負担はともかく、髪が少なくても生命に支障はないという考えから、申請しても却下されてしまう事の方が多いんです。酷い考え方だとは思いますが、申請却下になった場合、金銭的に負担になるほどの高価なウィッグは購入しないほうがいいかもしれません。

 

医療用ウィッグを選ぶメリットやデメリットは?

 

比較的安価なファッションウィッグでも、毛の流れを考えた植毛方法でつむじのある、自然なウィッグが存在します。でも高価な医療用ウィッグが販売され続けているのには理由があります。

 

  • 素材の安全性を保障するJIS規格がある
  • パッチテストで肌刺激をチェックしている
  • 主に人毛を使用しているのでウィッグだと気づかれにくい
  • 人工毛よりも絡みにくい

 

急な脱毛で頭皮が弱いかた、敏感肌で肌刺激を避けたいかたには嬉しい特徴です。デメリットとしては、ファッションウィッグよりも遥かに高額になる、人毛だとアイロンなどでヘアアレンジをしにくいという事です。ちょっとした気分転換で使用するなら、高価な医療用ウィッグを使う必要はなさそうですね。

 

また、人工毛で作られているマシンメイドの安価なウィッグでもニット帽などの帽子をかぶって、毛先だけを見えるようにすることでウィッグだとはバレないことも多いものです。ウィッグだとばれたくない場合は、毛質がマットなテカリの少ないものを選ぶことをおすすめします。

自然なウィッグが買えるネットショップ

AquaDoll(アクアドール)

モデルの愛用者も多くて人気のウィッグ・エクステ専門ショップです。高品質でかわいい髪型のウィッグがたくさんありますよ。前髪ウィッグ、フルウィッグはショート、ミディアム、ロングと種類も豊富でカラーも黒髪やマロンなど選びやすいものが多いです。うれしいことに、フルウィッグはすべて送料無料で購入することができます。耐熱性のあるウィッグなのでヘアレンジも自在!

⇒アクアドール 公式サイトへ

プリシラ

パリコレにも使用されるほどの高品質ウィッグを提供しているプリシラ。人工毛のウィッグはすべて国内メーカーファイバーを使っていて地毛と変わらないほどの品質です。また、フルウィッグのばれるポイント=つむじも自然だと評判のウィッグを多数販売しています。営業日17時までの注文は即日!当日配送なのもうれしいですね。

⇒プリシラ 公式サイトへ