ウィッグ 自然 安い

自然なウィッグの選び方・ポイントは?

ウィッグは安い価格でたくさん販売されていますが、ばればれのウィッグだといやですよね。ウィッグを買うために検索してネットショップを見ることもあると思いますが、あまりにテカテカのこれはナイロン!?ってなるようなウィッグもまだ一部あります。

 

しかし、専門ショップでは目視でもつやのいい髪の毛にみえるくらいの人工毛ウィッグも増えてきました。日々、自然に見えるようにと改良されているようです。

自然なウィッグ販売ショップランキング

 

AquaDoll(アクアドール)

 

 

 

モデルの愛用者も多くて人気のウィッグ・エクステ専門ショップです。高品質でかわいい髪型のウィッグがたくさんありますよ。前髪ウィッグ、フルウィッグはショート、ミディアム、ロングと種類も豊富でカラーも黒髪やマロンなど選びやすいものが多いです。うれしいことに、フルウィッグはすべて送料無料で購入することができます。耐熱性のあるウィッグなのでヘアレンジも自在!

 

⇒アクアドール 公式サイトへ

 

 

MY WIG(マイウィッグ)

 

ウィッグ通販の総合専門店「MYWIG(マイウィッグ)」

 

ナチュラルさにこだわったメーカーファイバーを使っていて地毛と変わらないほどの品質です。また、フルウィッグのばれるポイント=つむじも自然だと評判のウィッグを多数販売しています。営業日8時までの注文は即日!当日配送なのもうれしいですね。

 

⇒MY WIG 公式サイトへ

 

 

ばれないウィッグを選ぶための毛質

 

 

健康上の問題やファッションなどウィッグを使用する理由は様々ですが、テカテカのナイロンでできた昔の探偵がかぶるようなカツラじゃなくて、自然でばれにくいウィッグを選びたいですよね。

 

自然なウィッグを選ぶ上で大切なことは三つあります。まず毛質ですが、人工毛、人工毛と人毛のミックス、100%人毛のものに分けられ、触った感覚は人工毛が一番サラサラとしていますが、不自然に光ったりしてしまう場合があります。

 

人毛は自然に見えますし、カラーリングをすることも出来ますが少々値段が高くなるようです。人毛は勿論、人工毛でも耐熱性のあるものならコテやアイロンを使用できます。

 

次に髪色ですが、人工毛の場合どんな色でも色落ちすることがないので同じ色が長く楽しめますが、特に明るいカラーだと不自然に光ってしまうのが問題です。

 

人毛の場合は好きな色に染める事も出来て見た目も自然ですが、思うような色にならなかったり色落ちしてしまう、髪質が傷んでくるという難点もあります。

 

つむじの形も確認して

 

ウィッグの要とも言えるつむじ。つむじの形や毛の植え方でバレるかバレないかが左右されるほどです。形は大きく分けて、直線状に生えているI型と呼ばれるものと、放射状に生えている*型と呼ばれる二種類があります。

 

そのまま使用するにはI型が自然に見えますが、分け目を作る形になりますのでヘアアレンジをする場合には向いていません。*型はそのままだと帽子を被ったりしなければ不自然ですが、ヘアアレンジをしたい方にオススメです。

 

被り方でも自然・不自然に見えるウィッグ

 

 

ウィッグを着ける時は、他者から見ても不自然になっていないか気を付けなくてはいけません。そのまま着すると、少し変になってしまう事があるので、上手くカットする事で、自分に合った髪の分量にします。

 

多くなく、少なくない程度になる様注意します。この作業、単純そうに思われがちですが、慣れていない人にとてもは難しいので、最初の頃は少しずつ仕上げるようにして下さい。毛質にも注意して下さい。自分の髪を触ってみて、硬いか柔らかいかを考えて、地毛に近いウィッグを選びましょう。

 

ウィッグを買う時の注意点

 

 

最近はおしゃれの為にウィッグを購入する人がとても多いですよね。街でも結構ウィッグをつけている人を良く見かけます。前髪だけのウィッグなど部分的なウィッグが流行していて、若者などはよく利用しています。ウィッグを買う時は慎重に選ばなければいけません。

 

なにせ他の人からみた時に気づかれたり、不自然に見えるものはもっての他です。そこで一番大事なのは頭の形にフィットしていることです。ウィッグの値段も安いものから高いものまで色々とあります。

 

また、オーダーメイド品でないかぎり大きさも色々あります。小さいものは長くつけていると頭が痛くなりますし、逆に大きすぎるものはせっかく購入しても使えないこともありますから、サイズ調節のできるアジャスターがあるウィッグがおすすめです。

 

もうひとつ大事なのは自分の髪の毛との色の差です。慎重に選ばなければいけません。自分の髪の色と大きな差があるとすぐに他の人からわかってしまいますから。

 

ここでもっともポイントとなるのは、頭の形は人それぞれですので、購入する前に試着をすることですが通販の場合は試着はできません。

 

では、どうすればいいのか・・・というと、頭の大きさに合わせられるタイプのウィッグを選ぶことです。簡単にアジャスターでウィッグの大きさを変えることができます。

 

⇒ おすすめウィッグショップのランキングをみる

 

ウィッグを通販で買うときに注意することは?

 

ヘアウィッグを通販で買うので良いところは、たくさんの品数と家にいながらゆっくり選べることです。ネットにはたくさんのウィッグ通販のサイトがあります。お炬燵にあたってコーヒーを飲みながら、ウィッグ通販サイトの梯子をしていると時間が経つのも忘れます。

 

ウィッグのお手入れの仕方や保存法など、ちょっとした知識も得られます。都会ならたくさんのお店の中から探せますが、田舎ではそういうわけにはいきません。お店も限られていますし、一旦入ったら買わないと悪いような気がして気が進まないまま買ってしまうことだってありえます。

 

ネット通販でウィッグ専門店がまだないころは美容院から買っていた人も多くその場合はカタログ1冊の中から選部必要がありました。たった1冊のなかの自分に合うのを選ぶのです。ウィッグ通販のサイトのたくさんの中から選んでいる現在からは想像もできないのですよね。

 

失敗せずウィッグを通販で買うときのポイントは、評判の良い通販サイトを選ぶことです。口コミを利用しても良いですし、一応名の通ったウィッグ専門店を選ぶと安心ですよ。

 

もしも通販で買ったものが気に入らなかったときですが、送ってもらった時の送料はウィッグ通販負担が多いのですが、返品に関しては自分持ちというところが多いです。なかには、返品の送料もウィッグ通販で負担というところもあります。

 

多くは返品可能としてあるウィッグショップが多いのですが、まれにウィッグは直接肌につけるものという理由で、不良品以外は返品を受け付けないところもあるのでご注意ください。

 

ウィッグは、自由に変身して楽しんでいる人がいる一方、昔ながらに薄毛が気になってきたからとか、男性の場合は禿げてきたからという人もいます。しかし皆さん一様にウィッグを被るようになったら自信が持てたとか、お出かけが楽しくなったといいます。

 

ウィッグの効果は大きなものがあります。男性のウィッグを置いてあるお店は少ないので、男性がウィッグを買う時こそウィッグ通販がおススメです。女性のものばかりあるイメージの通販ショップでもメンズのコーナーがありますよ。

 

⇒ 自然なおすすめウィッグ通販店情報をみる

 

アマゾン・楽天で買えるウィッグ

 

アマゾン、楽天市場でも安く購入できるウィッグもたくさんあります。特に注意が必要なのはアマゾン、専門ショップが出品している場合はまだいいのですが、個人で中国などから安く輸入し販売しているものはその多くが低品質のことが多く写真とはイメージが違うこともあるのでよく見てから購入しましょう。

 

価格帯は10万円以上の人毛のものから1000円程度のナイロン毛のものまであります。あまりにプチプラな安いウィッグは自然なウィッグとはかけ離れている場合が多いのでこちらも注意してください。

 

サイズ:つむじから前:約19cm つむじから後:約30cm、つむじは人工スキンあり。
素材:耐熱ファイバー
付属品:ウィッグネット1個付き、ポーチ型ケース入り

 

 

つけ毛部分は取り外し可能です。
帽子サイズ:フリー(54〜60cm)M〜L

 

 

サイズ:長さ最短部:約15cm/長さ最長部:約64cm
耐熱ファイバーを使用していますのでコテ、ヘアアイロン、手洗いOKです。

 

 

カラー:なでしこブラック
つむじ:人工頭皮なし
耐熱温度:180℃

 

 

素材:日本製耐熱新ファイバー100%
サイズ:つむじから前:約20cm/後ろ:約61cm

 

 

サイト:自然なウィッグの選び方【安いおすすめウィッグ通販情報】について
たくさんのデザインやカラーのウィッグが手軽に通販などでも購入できるのですがやはり失敗しないコツは自然に見えるウィッグを選ぶこと。実物を見ない通販ではなかなか難しいことですが評判のいいナチュラルなウィッグを取り扱っているショップを利用することでこの失敗をしなくて済みます。当サイトではナチュラルウィッグでさらにお手軽価格、「安い」ことにもこだわって上質ウィッグを取り扱っている人気の専門店を紹介しています。